読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おのののおと

This Is A Blog Thinking About Nature And Life

バレンタインに気を付けて欲しい事。

こんにちは、 @nyorop_ です。

今日は、年に一度のバレンタインデー。世の中、非常に盛り上がっています。

こんな、楽しい、素敵な、特別な日ですが、僕が今思うことをこのブログで発信しようと思います。

日本の多くの人がそうであるように、僕も、周りの女の子たちから大量の義理チョコを配られました。じゃなくて、、、、もらいました。たくさんの手作りチョコたちは僕がおやつとしておいしくいただきました。ごちそうさまでした。

 

「バレンタイン・イブ」になると、女性陣がはりきってお菓子を作ってくれます。「みんな」においしく食べてもらいたい。そう願って。

義理チョコの場合「大好きなあの人に食べてもらいたい」から作るのではなく、普段お世話になっている、友達や先輩、後輩に喜んでほしいからばらまく。(こういう人をGHQと呼ぶらしい)

そうですよね。

言い換えれば、好きなわけでもないのに、わざわざ手間暇かけてお菓子を作って、みんなにプレゼントしてくれる。それが義理チョコ。

非常にありがたいことだと思います。

義理チョコを否定する声も上がっていますが、個人的には、こうして誰かが真心こめて作ってくれたものを交換するのも、アリだと思います。だから、恋愛とは関係なく、心を込めて作ったものが飛び交う日は悪くないと、思います。

でも、僕は、心を込めることが問題を生んでいると考えます。

くどいようだけど、心を込めることはいいことです。

でも、、、、

f:id:tomoki-fab:20170214224434j:plain

引用:バレンタインチョコ 手作りチョコとチョコレートビール:青葉休眠録

過剰包装は良くないと思います。

特に、日本人は世界的に見てもひどいです。おもてなしの一種なのはわかるけど、ちょっとやりすぎでは、、、と思います。

今日僕は、もらったチョコを食べるために包装紙を取りました。当たり前ですが。

そして、その包装紙はすべて捨てました。これまたあたりまえです。チョコレートの付着した包み紙を残しておいても仕方ありませんから。

チョコを食べながら、僕は思いました。

「この大量の包装紙はいったい何だったのだろうか?」

 中には、非常に丁寧にリボンで結ばれているものもありました。

でも、それも捨てるしかありません。使い道がないから。

皆さんも、考えてみてください。

おしゃれなビニール袋や包み紙は、石油や木材が原料です。それらは、大きなエネルギー消費を伴う長い工程を経て、(溶かしたり、型にはめたり、印刷したり、運送したり、、、)皆さんの手に届きます。当然、まだ使っていない、清潔な状態です。それらは、お菓子を守るため、ないしは美しく演出するために、数時間や数日間だけ使われます。しかし、それが消費者の手に渡れば、状況はたちまち一変します。

そうです。それらは、単なるゴミと化すのです。

中身だけ取り出して、あとはポイッと捨ててしまう。これが現実です。

 もったいないと思うんです。

でも、こういう特別な日には、恋愛とか、友情とか、日頃の感謝とかが、優先される。そして地球環境は無視される。こういう社会なんです。

なぜなら、現在の日本は消費主義社会で成り立っているから。

去年の、バレンタインデーにクラスみんなにチョコを配っている女の子がいました。その子は、チョコを個包装にせず、大きなタッパーに入れて持ってきました。

その子が、地球環境とかに配慮してタッパーを使ったのかどうかはさておき、僕はすごくいい事だと思いました。

つまり、僕が言いたいことは、過剰包装するな。ということ。

今年はもう終わりましたが、皆さんも、エコを意識してみてください。

地球のために。

来年は エコ・バレンタインを迎えましょう。

地球への感謝の気持ちを込めて。

 

f:id:tomoki-fab:20170214224636j:plain

 

◆今日の一枚。

「窓の外」   (1/1600 秒  f/1.8  50 mm ISO:100)f:id:tomoki-fab:20170214224713j:plain

こちらもどうぞ。

 ▼今週、日曜日(2月19日)にNHKで放送される自然ドキュメンタリーの前回の感想。

tomoki-fab.hatenablog.com

▼真のエコを目指したい。

tomoki-fab.hatenablog.com