ONO NOTE

A Blog Thinking About Nature And Life

【海外YouTuber】Motoki Maxtedをみよう!

Hey, What's good everyone?  It`s your boy, Motoki !

最近僕は、Motoki Maxted(モトキ・マックステッド)というアメリカのYouTuberにドはまりしています。僕の知るどんなYouTuberとも、一味どころか二味も三味も違い、独特の面白さがあります。そんな、面白すぎるYoutuberを紹介します。

f:id:tomoki-fab:20170720163122j:plain

Motokiとは?

彼はアメリカ在住の大学生YouTuberでアメリカ人と日本人のハーフです。彼の動画のスタイルは主にジョークなどで、トークをしたり、再現ドラマのような感じで演じたりします。

◆Draw My Life

彼が自分の人生を絵で語るショートムービーです。彼の生い立ちがわかります。

 

見どころは?

踊るところや、ジョークを言うところ、演じる所、下ネタ、など、見所満載で全体的にクオリティがとても高いです。

彼の動画は、喋りや音楽などの音に合わせてテンポよく進んでいくので、見ていて飽きません。また彼はジェスチャーを上手に使うので、英語のわからない人でも楽しめます。もし英語がわかれば、より一層その面白さが伝わってきます。喋り方がおもしろかったり、豪快な下ネタやジョークを言っていたりするので、字幕の何倍も楽しめます。

▼シャワーを浴びながら、ダンスをする彼

f:id:tomoki-fab:20170724180401p:plain

本物の英語なので、早かったり、難しい単語があったりしますが、それでも、彼の英語は非常に聞き取りやすく、分かりやすいです。観ていて、とても楽しいので、これで、リスニングの勉強するというのもアリかな思います。

f:id:tomoki-fab:20170724180340p:plain

Motokiのおすすめ動画

◆Another Car Ride with Motoki

彼の代表作とも言えるこの動画は車の中で、ヒット曲などの音楽に合わせて踊るだけの動画。でも、彼の奇妙というか、変な動きのダンスが面白くて妙に引き付けられます。2017年7月20日現在、880万再生を誇っている人気の動画です。何度見ても面白くて、僕自身この動画を100回以上は観てます。

◆How to Be Cool

「カッコよくなる方法」。Motokiの普段の動画はどれも、シナリオがあり、内容や編集のクォリティーがとっても高いです。いわゆる再現ドラマみたいなものを一人で何役も演じたりする彼のスタイルのジョークが面白くてたまりません。そんな彼の動画の中でも、僕が一番気に入っているのが、これです。

ジョーク、演出、ダンス、などが入っていて、何度でも見れちゃいます。

◆Getting Drunk in Japan! 

Motokiが日本を旅する動画です。実は彼は日本とアメリカのハーフで、動画の冒頭で10年以上越しの日本だと言っています。

日本で、20歳の彼らがお酒を飲んだり(アメリカでは飲酒は21歳から)、日本語のわからない友達に、テキトーな日本語を教えてナンパをさせたりと、とても面白いです。(笑)

日本人という立場だからこその面白さもあり、見ごたえありです。

◆Christmas Car Ride with Motoki

彼のダンスのクリスマスバージョンです。クリスマスの名曲に合わせて、例の変てこりんなダンスをおどります。


 おすすめを上げるとキリがないのでこの辺りにしておきます。このほかにも、

「Best Beauty Hacks Everyone Should Know」「Getting Baked with Motoki」などおもしろい動画がたくさんあります。

ただ、彼は今大学生で、忙しくて動画をあまり投稿できないそうです。1か月以上投稿がないということもあります。でも、一つ一つのクオリティが非常に高いので、繰り返し見てもなかなか飽きません。

海外YouTuberに興味がある人、英語が好きな人、暇な人、とにかく笑いたい人、疲れた人、、、もう誰が見ても面白いです。ちぇけ。

▼ Motoki Maxted のYouTubeチャンネルはこちら

f:id:tomoki-fab:20170724183727j:plain

あなたの部屋を快適にするライフハック10【ミニマリストの提案】

 

f:id:tomoki-fab:20170616201234j:plain

この記事を読んでいるあなたは、過去に、「汚く散らかった部屋はもうこりごり!!」と意気込んで片付けを始めたものの、途中で頓挫してしまったり、せっかく丸1日を犠牲にして片付けた部屋が1か月後には元通りになっていたなんて経験がありませんか?

そうです。片付けは難しいんです。そして、収納術などというものはさらに難しいんです。きれいな部屋が長続きしない、モノがまとまらない。今回は、そういった悩みを抱える人へ、ミニマリストになった僕が、実際に部屋を使い勝手のいい快適な空間に改造した際に、工夫したり、発見した、部屋をより美しくする方法を10、書き並べます。

あくまで、一個人の独断と偏見に基づいたライフハックですが、少しでも、読者の皆さんの暮らしの役に立てると嬉しいです。

 

 ▼ミニマリストになった際に書いたブログ。

 

1. モノを減らす

f:id:tomoki-fab:20170619211752j:plain

言うまでもなく、これは片付けの基本中の基本です。

部屋をきれいにしたくても、そこがモノで溢れかえっているままでは、始まりません。いくら優れた収納術をもってしても、量にはかなわないのです。部屋をきれいにしたいのなら、モノを減らすことがベースとなると言っても過言ではありません。

では、どうすればモノを減らせるのか?

僕は、ミニマリズムを取り入れるのが良いかと思います。ミニマリズムとは、自分に余計なモノを省くことで、本当に大切なモノを見つめるという考え方。

大切なモノを残し、「なくてもそんなに困らない」モノから捨てること。ちょっとした便利を追い求めるあまり自分の居場所が奪われていませんか?

f:id:tomoki-fab:20170523214156j:plain

 

2. 家具の配置を変える

例えば、作業スペースの近くに本棚を置いたり、逆に開放的にしてみるだけでもかなり生産性のアップが期待できます。

家具の配置を決めるポイントとしては以下のような項目があげられます。

◆家具を壁から離す。(壁が見えるか否かで、美しさに影響します)

◆机はドアに向ける。(落ち着き、また集中力を高めます)

◆使用頻度の高いモノを手の届く範囲に置く。(集中力を高めます)

◆家具を一か所にコンパクトにまとめる。(余裕ができ部屋を広々と使えます)

 

3. 光と風を大切に

 美しい光が差し込み、心地よい風が吹く。できることなら緑も身近にあってほしい。そんな自然に囲まれた暮らしは心地のよいものです。仕事でも趣味でも休息でも、自然がそばにあるだけでとても気持ちのよい時間を過ごすことができます。

f:id:tomoki-fab:20170628211826j:plain

自然いっぱいの環境で暮らせたら、いいのですが、仕事、学校、お金、便利、などの問題を考えると簡単なことではありません。

でも、部屋に自然を取り入れることなら簡単にできます。窓を全開にして、お天道様の光を取り入れ、涼しい風を通せばいいのです。大事なのは考え方です。

「窓を閉め、エアコンをつける。カーテンを閉め、電気をつける。」

現代人にありがちなこの考え方を捨てて、自然に触れようとすることが大切です。でも、そうすればきっと、太陽の光の美しさや、自然の風の心地よさに気づくでしょう。人間の作った電気やエアコンとはまるで違う自然の良さがわかるはずです。

 

4. 余裕のある空間

どんなに整理の行き届いた空間でも、モノでギュウギュウな状態なのではきっと、美しいとは言えないし、快適とも言えません。

広々とした印象の、背伸びや深呼吸のできる部屋というのが理想です。モノに居場所を奪われていませんか?

余裕のある空間というのは、しばしば「まだ、モノが置ける!」ととらえられがちですが、その何もない空間そのものが、大切な役割を果たしているのです。

 

5. 照明をこだわる
f:id:tomoki-fab:20170704171502j:plain

これは、ある日の僕のインスタグラムのストーリー。真っ暗なこの空間は僕の部屋です。

写真の左半分を占める、比較的明るい部分が僕の机で、その右側の暗い所は何もない床と壁だけのスペースです。この机についている、机を照らすライトが白熱電球で、個人的にすごく気に入ってるんですよね。光がオレンジ色の暖色を帯びていて、やさしい感じがするというか、どこかレトロというか、、、。それに、この薄暗いのもなんだか味があって、気に入ってます。

でも、まぁ、見ての通り、部屋全体に明かりが行き届いてなくて暗いです。この部屋には、ちゃんと蛍光灯の明るい電気もあるんですが、僕自身、蛍光灯のあの白っぽい、人工的な感じの光が嫌いで、あえてこれだけしかつけてません。

 

結局何が言いたいのかというと、自分好みの、自分がおしゃれだと感じられる空間を作ること。そして、その大切な要素の一つが、お部屋の照明だよっていうことが言いたいんです。自分が美しいと思えるような部屋づくりを、自分の思うようにできればそれでいいです。自分が美しく作った部屋なら、きっと楽しく快適に暮らせるはずです。

 

 

6. モノは「置かない」
f:id:tomoki-fab:20170707221401j:plain

「置かない」つまりは家具に「収納」するべき。ということです。

 机、棚、床、などにモノを置くと、次から次へとモノを置いてしまい、溜まってごちゃごちゃの元となってしまいます。部屋をすっきりさせるためにも、モノを何かの上に置くのではなく、引き出しや棚、タンスなどの中に入れることを心がけましょう。

 

7. 色を考える

f:id:tomoki-fab:20170711225943j:plain

もし、あなたがお金や空間に余裕があるなら、お部屋の色合いを考えてみましょう。どんなにお洒落な家具でも、部屋の雰囲気や色にマッチしなければ、中途半端な空間になってしまいます。逆に、それ単体では「なんでもない」ようなインテリアでも、見せ方によっては素晴らしく役に立ったりもします。

ただし、このとき大事にしたいのが、部屋の雰囲気です。どういう「感じ」の空間を作りたいのかをイメージして、空間をデザインしましょう。

ここで、簡単に例をいくつか挙げてみます。

ナチュラルな感じ・・・木材や紙などの天然素材でできたものや、落ち着いた色、マットな色などを選ぶことをおすすめします。光や風や緑を大切にするとより良くなるでしょう。

モノトーンな感じ・・・その名の通り白と黒を強調したシンプルなデザインです。北欧インテリアなどが有名ですね。

レトロな感じ・・・「古ぼけた感じ」をあえて出します。DIYで塗装の上からヤスリがけをして削ったりしているアレです。

 

 

 

8. 壁が見える

壁が見えるのと見えないのでは、部屋の雰囲気も違います。部屋の四方八方がモノに囲まれていると、部屋が狭くなるどころか、なんとなくごちゃごちゃして見えてしまいます。一か所でもいいので、真っ白な壁が見える空間を作ることを強くおすすめします。

▼前回の記事のトプ画。新築みたいですが、正真正銘の7年物の僕の部屋です。

f:id:tomoki-fab:20170523214353j:plain

 

9. モノを大切にする

欲しい物を次から次へと購入したり、質の悪い製品をいくつも買い直すのではなく、自分に合ったモノを少し持って、それをずっと大切に使い続けることが大事です。

ホセ・ムヒカ大統領の言う「使い捨て文明」の中で、自分にとって本当に大事なモノを大切に使い続けること。これが、自らの暮らしにも、そして私たちの住む地球にもやさしい選択と言えるでしょう。

 

10. ちょっと不便に

最後のヒントは、あえて不便な環境に身を置くことです。

毎日の生活にちょっとした面倒を入れると思わぬ発見があったり、楽しみがあったりします。僕自身、西日のきつい窓にわざわざ箱やカバンを積み上げて壁を作ってみたりと、ずいぶんバカなことをやって楽しんでいます。

例えば、普段買う物をあえて作ってみたり。必要だと思っているモノをあえて持たずに出かけてみたり。

「あえて」ひと手間を加えることで、ハッピーになれる、というのが僕の考えです。

 

 

 

ここまで、僕の独断と偏見で書かせてもらいましたが、全て僕が実践している「工夫」です。が、やはり、僕は「モノを減らす」ことが一番大切な基礎部分だと思います。そして、その上で、さらなる工夫を凝らしてみることをおすすめします。

科学的根拠というよりは、暮らしやすさを追求した結果です。このブログに書いてあることがすべてではありませんが、参考にしていただけると幸いです。

 ちぇけら。

 

 

https://www.instagram.com/p/BV89bLwFDEV/

 

持たない暮らしは想像以上に幸せ! ミニマリストになってみた。

f:id:tomoki-fab:20170523214353j:plain

僕が、思い描いていた、理想の部屋の姿。それは、ある時、ぱたりと音を立てるように、変わってしまいました。

以前、ものづくりが大好きな僕は、映画「Back To The Future」に出てくる科学者ドクの家のような、書類や機械類で溢れかえったごちゃごちゃの部屋に憧れていました。そんな汚い部屋でストイックに機械いじりをしてみたいと思い、何もかもを部屋に溜め込んで保存しておきました。

なるほど、それを実践するのは、いともたやすいことでした。壁には、大量の紙を貼り付け、分解した機械などは意図せずとも、片づけさえしなければ、勝手に増えてゆきました。

それと同時に、自分の活動できるスペースは大幅に減ってゆき、だんだんと居心地が悪くなってきました。

そんな、ある時ぼくは、ブロガー、テツヤマモトの紹介していた、「モノを持たない」という、僕とはまるで方向性の違う考え方を知り、しかしそれに強くあこがれるようになりました。

 

そう、、、

ミニマリズムです。

 

ミニマリズム (minimalism) とは、

必要最低限のモノで暮らし

自分にとって本当に大切なモノを見つめなおす、

物欲を減らす、という考え方のことです。

断捨離と異なるのは、ただ単にモノを減らすのではなく、余計なモノを持たないことで、自分や、大切なことを、シンプルにして、見えやすくしてあげることです。余計なモノを購入して自分の生活の空間を狭くしてしまっては、本当に豊かな暮らしとは言えません。こういう考え方のことをミニマリズムといいます。

大切なのは「これこそが、自分だ」といえるようなモノだけを持つこと。

 

その考え方を実践する人のことをミニマリストと呼びます。

 

そして、ぼくは決心しました、、、、

f:id:tomoki-fab:20170502165229j:plain

 

ミニマリストになろう。
 
 
ミニマリストへの道のり

ミニマリストになるにあたって、まずは、断捨離をしなければなりませんでした。

断捨離の直前の僕の部屋は、こんな状態でした。

必要なモノも必要のないモノも溢れんばかりに転がっていました。

f:id:tomoki-fab:20170502225651j:plain

f:id:tomoki-fab:20170502225856j:plain

f:id:tomoki-fab:20170502225909j:plain

f:id:tomoki-fab:20170502225942j:plain

f:id:tomoki-fab:20170502225956j:plain

 

床には至る所に書類が散乱し、

机やタンスの上はモノでいっぱい、

本棚も本や紙でぎっしりです。

更に、写真には写っていないタンスの中は、もっと酷くて、モノで溢れかえっています。

当然ことながら、暮らしていてあまり快適とは言えませんでした。

 

 

1.書類を減らす。

まず僕が取り組んだのは、書類を減らす事。部屋中に散乱している物、そして本棚を占拠している物を片付けます。

書類のほとんどは学校の教材ですが、躊躇はしません。どんどん捨てます。

中には、お世話になった先生がアメリカへ飛び立つ前にくれた大切な手紙も、、、。

f:id:tomoki-fab:20170520212340j:plain

こればかりは、大切にとっておきたいので、、、

Evernoteを活用してスキャンしてデジタル化して、実物は廃棄しました。

影も形も無くなってしまうのは、さすがに悲しすぎるので、せめて影だけはクラウド上に残しておこうという作戦です。

よく、思い出の品を大量に保存している人を見かけますが、ミニマリストはそれをなるべく避けます。過去の思い出にすがっていても、何もいいことはありません。思い出は、心の中ないしは、ハードディスクに保存しておきましょう。

 

結果として、書類は束6つ分も減らすことができました。

f:id:tomoki-fab:20170520190330j:plain

 また、本に関しては幸いなことに、人にばらまいたためほとんど捨てずに済みました。

 

2.小物を減らす。

大量の書類を処分しましたが、僕の部屋には、役10年にわたって溜め込み続けてきた、大量の思い出深きガラクタが溢れています。

正直それらを捨ててしまうのは、かなり躊躇しました。しかし、そんなことではミニマリストにはなれません。

そんな、わけで、僕は思い出も、買って間もないモノも、自分にとって本当に必要なモノ以外は全て捨てるあるいは、人にあげることにしました。

f:id:tomoki-fab:20170522164547j:plain

中には、半年前に買ったきり、1度しか使っていないサングラスも、、、、

物質的になかなか、もったいないですが、これも捨てます。

f:id:tomoki-fab:20170522163044j:plain

 

 今度は、妹が僕の誕生日にくれた手作りプレゼント。誰からも誕生日プレゼントをもらわなかったので、泣きそうになりましたが、、、

「ありがとう」と妹とプレゼント本体に言って捨てました。

f:id:tomoki-fab:20170522165244j:plain

f:id:tomoki-fab:20170522165454j:plain

 

そして、お土産にもらったアメリカの鳥の図鑑。

この、お土産というのはなかなか厄介で、人からの貰い物であると同時に、異国の珍しい品であるという「もったいない感」が付きまとうせいで価値があるかの如く見えてしまうんですね。(実際、価値あります。)

残したい気持ちは山々ですが、しかしよく考えると使う機会など殆どありません。「ありがとう」といって、捨てます。

 

f:id:tomoki-fab:20170522170300j:plain

 

でも、ぼくが一番捨てることを躊躇した挙句、結局捨てられなかったのが、このウミウシの小さなぬいぐるみ。

実際問題、決して高価な物ではないし、思い出の詰まったものというわけでもなく、そんなに価値あるものではありません。にも関わらず、この見た目の愛くるしさに僕は負けてしまいました。一度は目をつむってゴミ袋入れたんですが、5分とたたぬうちに拾い上げてしまいました。単に僕が女子力高めなのかもしれませんが、生き物系が全く捨てられないというのには困りました。

f:id:tomoki-fab:20170523181318j:plain

 

3.そして、、

         ミニマリストになった

こうして、僕は、部屋にあったモノの実に95%くらいの量のものを捨てることに成功しました。

ゴミ袋9袋。書類6束(写真では一つ入ってませんが)。その他、壊れた顕微鏡、等々。

さらに、後日、僕は、洋服のタンスも一つ捨てました。

f:id:tomoki-fab:20170523183628j:plain

f:id:tomoki-fab:20170523183750j:plain

f:id:tomoki-fab:20170523184633j:plain

 

4.部屋をスタイリッシュにする

 晴れて、ミニマリストの身となった僕ですが、まだ僕のやるべきことは終わっていません。大事なのはここからで、部屋をより美しく、使いやすく、そして、散らかりにくくするために、お部屋を大改造します。

とは言ったものの、ミニマリストなので、そんなにモノを持っていないため、それほど大掛かりなものではありません。

結果がこんな感じです。

f:id:tomoki-fab:20170502225651j:plain

▲Before

▼After

f:id:tomoki-fab:20170523183150j:plain

▲Before
▼After

f:id:tomoki-fab:20170523202342j:plain

▲Before

▼After

f:id:tomoki-fab:20170523202749j:plain

 

 

f:id:tomoki-fab:20170502225856j:plain

▲Before
▼After

f:id:tomoki-fab:20170523202858j:plain

 

とにかく、部屋をすっきりさせ、床と壁が見えるぐらい、ガラガラにしました。

その代わり、必要なモノはほぼ一か所にまとめて、手の届く範囲に置き、より使いやすく工夫しました。

 

▼改善された、机まわり。

f:id:tomoki-fab:20170523214150j:plain

f:id:tomoki-fab:20170523214234j:plain

▼時にはこんなことも。

f:id:tomoki-fab:20170523214156j:plain

 

ミニマリストのメリット

以下、ミニマリストになってよかったと思ったことを箇条書きにします。

・生活の空間がすっきりする。

・大切なモノが見えてくる。

・物欲が減る。(モノがあまり欲しくなくなる。)

・消費主義を抜け出せる。(環境にやさしい。)

・時間を有意義に使える。(何もない空間でゆっくりと考えられる。)

 

大切にしてほしいこと

これだけ大量のモノを捨てましたが、僕が思うに一番、大事なのは、モノに感謝することだと思います。

たくさんのモノを「自分が快適に暮らすため」という理由で捨ててしまった僕は、その後の2、3日間ちょっと落ち込んでいました。モノには申し訳ないことをしたなと思いました。

モノだって、捨てられるために作られたわけではありません。

そして、あなたやあなたの周りの人々のために、尽くしてきてくれたのです。一つ一つのすべてに「ありがとう」の言葉を忘れないでください。これは、「もったいない精神」が人一倍強いくせに、断捨離をした僕が、一番感じたことです。

だから、なるべく、捨てないでください。ミニマリストになるなと言っているのではありません。無駄のないように配慮して、なるべく人にあげたり、メルカリなどで売ったりして、大切に使ってあげてほしいんです。

そして、少ないモノでの暮らしの中に幸せを見つけてみてください。余計なものをもっともっとと買うのではありません。

ミニマリストになるということは気持ちの良いものです。あなたもぜひ、必要最低限のモノでの暮らしで十分暮らせるんだということを実感して、少ないモノでの暮らしの幸せを肌で感じてみてください。

 

 

 ◆今日の一枚

 

▼合わせて読みたい。

 

 

 

かわいい&芸術的すぎるシンガーNanna Bryndísが好きすぎる!

こんにちは、にょろにょろです。

僕は最近Of Monsters And Menというバンドに重症なくらいハマっています。

それで、このバンドとそのボーカルのNanna Bryndís Hilmarsdóttirについて、まるでストーカーのように調べてみました。

この魅力を誰かに伝えないといてもたってもいられないくらい、好きすぎるので、ブログでその魅力を語りつくします。

 

"Of Monsters And Men"とは?

f:id:tomoki-fab:20170422214245j:plain

基本情報

アイスランド出身の5人組のバンド。2010年に結成。これまでに、"My Head Is An Animal""Beneath The Skin"という2つのアルバムをリリース。

メンバーは、

  • Nanna Bryndís Hilmarsdóttir(ナンナ・ブリンディス・ヒルマルスドッティル)
  • Ragnar Þórhallsson(ラグナル・ソウルハッルッソン)
  • Brynjar Leifsson(ブリニャル・レイフッソン)
  • Kristján Páll Kristjánsson(クリスチャウン・パッル・クリスチャウンソン)
  • Arnar Rósenkranz Hilmarsson(アルナール・ローゼンクランツ・ヒルマルソン)

5人ともやたら名前が長い上に英語じゃない文字混ざってる! というのも、アイスランド人は名前の後に女性なら「dóttir」、男性なら「son」がつくからです。

このうち、メインボーカルをつとめるのがNanna Bryndís Hilmarsdóttirという女性です(以下、Nanna Bryndís)。僕は個人的に、Nanna Bryndísはとっても魅力的な女性だと思うんです。そこで、今回は彼女に焦点を当てて書いていこうと思います。

 

Nanna Bryndís

僕は、この人が大好きです。この人の何が魅力って、声はきれいだし、クールでかわいいし、、何もかもが最高なんです。

どんな美声なのか、それは、この動画を見れば、わかります。

 

声にしても、顔にしても、文字でそれを表現するのには限界があると感じるので、何はともあれ、とにかく、この写真を見ていただきたい、、、

f:id:tomoki-fab:20170422234847j:plain

Nanna Bryndís Hilmarsdóttir | Game of Thrones Wikiより拝借

f:id:tomoki-fab:20170423001902j:plain

http://www.tntmagazine.com/london/night-life/より拝借

 

そして、とどめ!!

 

f:id:tomoki-fab:20170423000404g:plain

Nanna Bryndis | Tumblrより拝借

あーーもう、たまらん。

かわいすぎる。

That's it . これ以上の説明はもはや不要でしょう。なぜなら、このGIFが、ただでさえ低い僕の文章力をあざ笑うごとく、全てを語ったからです。

一つ言えることはこのGIFさえあれば、1時間の暇つぶしどころか1日中の暇をつぶしすらもわけないこと間違いなしということです。

どんなに、かわいいアイドルグループでも、Nanna bryndisの"ナチュラルなかわいさ"にはかないません。

f:id:tomoki-fab:20170423102228p:plain

 ▲She is so beautiful and cute. She has a beautiful voice with a beautiful face.

和訳:彼女はとても美しくてかわいい。彼女は美しい声と美しい顔を持っている。

これはTumblrの投稿なんですが、やはり、彼女のかわいさ、声の美しさについて思う事は万国共通です。やはり、美人は国境を越える。

ちなみに、彼女のインスタグラムのコメントに、「beautiful」「Love You」等の文字が溢れているのも、事実。

 

▼ちなみに、これは日本を訪ねた時の写真。

f:id:tomoki-fab:20170423104439j:plain

なんと、彼女はインタビューで好きな場所を聞かれたときに、"Tokyo" が好きだと言っていました。うひょー、うれしーー。日本人でよかった。

 

Of Monsters And Men

おすすめの曲は、、、

さっきから、「Nanna Bryndisがかわいい話」ばっかりしてきましたが、大事なのは音楽です。

YouTubeの再生回数が最も多い曲は、"Little Talk"です。

 

僕が、個人的に好きな曲は、"Dirty Paws" や "I Of The Storm" やその他のライブなどです。あと、MVはどれも若干シュールです。

聴くと、わかりますが、すごくきれいな声の女性が歌ってます。これが、Nanna Bryndis です。

 

音楽、歌声、顔、すべてが芸術、とでも表現すれば良いでしょうか?それが

Of Monsters And Men です。

ちぇけら。

 

◆今日の一枚

「Think Of The Earth ~earth day~」

f:id:tomoki-fab:20170423130110j:plain

f:id:tomoki-fab:20170423130127j:plain

 

  合わせて読みたい        

▼The Lumineers 好きな人は好きかも。

▼だいぶ前に書いた記事だから、Of Monsters And Menはまだ入ってないけど。

▼廃墟の美しさに気づいた。

 

【これは便利!】おすすめスマホアプリ12選。

こんにちは。

今回は、僕が今まで使ってきたスマホアプリの中で心から気に入っているモノを12個紹介します。

今回は、ゲームは抜きで、仕事効率化や教育、写真、動画関連のアプリを紹介していきます。

これから紹介するスマホアプリは全て無料でダウンロードが可能 ですので気軽にダウンロードしてみてください。

 

Photomath

f:id:tomoki-fab:20170412222256j:plain

Photomathはその名の通り、カメラと数学をかけ合わせたアプリです。

Photomathは、複雑な方程式などの数式を解いたり、紙に書いた数式をカメラでスキャンして解いたりしてくれます。最近のアップデートでは、ついに手書きの文字を認識できるようになりました。宿題を早く終わらせたい人にはうってつけのツワモノです。も、もちろん、ボクは使いませんけどね。

仕事から、勉強まで幅広く使える、素晴らしいアプリです。

Photomath - カメラ計算機

Photomath - カメラ計算機

  • Photomath, Inc.
  • 教育
  • 無料

 

 

タウンWi-Fi

f:id:tomoki-fab:20170412223051j:plain

タウンWi-Fiを使うと、スマホを簡単にコンビニやお店などのフリーWi-Fi接続できるようになります。スマホのモバイル通信を助けたり、モバイル通信のないタブレットなどのネット接続を助けてくれます。

iPod Touchを使う僕はいつもお世話になってます。

 

 

f:id:tomoki-fab:20170413172435j:plain

f:id:tomoki-fab:20170412224426j:plain

Evernoteを使えば、とっさに思いついたアイディアなどをクラウド上に書き留めておくことができます。もう、かさばる紙に悩まされることもありませんし、紛失する事もありません。文字も写真も絵も、すべて一か所に保存しておくことができ、非常に便利です。

また、ノートは全て同期されるので、スマホで作ったノートにパソコンでアクセスすることもできます。

僕も、「ブログに書くこと」とかをその場でメモしたりして、愛用しています。

 

 

Evernote Scannable

f:id:tomoki-fab:20170413172543p:plain

f:id:tomoki-fab:20170412224439j:plain

カメラを使って、自動で書類を探して、紙をきれいにスキャンし、Evernoteに保存してくれます。これ一つあれば、不要な書類をどんどん捨てられるし、もう書類を探す必要もありません。

愛用している一品です。

Evernote Scannable

Evernote Scannable

 

PS express

f:id:tomoki-fab:20170412233135j:plain

Adobeスマホ用のPhoto Shopの画像編集アプリです。

写真に含まれるノイズを低減してきれいな色合いに調整したり、明るさを調整したりできます。

iPhoneのフォトについている編集機能とは比べ物にならないくらい、機能が良いので、愛用しています。スマホの写真を美しくしたいのなら、これは欠かせません。

 

 

Autodesk pixlr

f:id:tomoki-fab:20170413174450p:plain

f:id:tomoki-fab:20170412233710j:plain

このアプリは先ほどのAdobeのPSと比べて、写真に飾り付けをすることに向いている画像編集アプリだと思います。

例えば、写真に文字を入れたり(この文字は数十種類の書体から選ぶことができ、オシャレな書体が非常に充実しています。)、額をつけたり、模様付きの変わったフィルターを付けたりできます。

使いやすく、デザイン性にも優れているので、今のところ、このアプリには非常に満足しています。

Pixlr フォトエディタ

Pixlr フォトエディタ

  • Autodesk Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

 

Snapseed

これもまた、画像編集のアプリです。

ですが、他とは一味違います違います。これはGoogleが作ったアプリというだけあって、他と比べるととんでもなく機能が良いです。

下の写真のように機能がたくさんあり、他のアプリではあまり見かけないような機能がいくつもあります。

f:id:tomoki-fab:20170413183311j:plain

f:id:tomoki-fab:20170413184004j:plain

最も感動したのは、写ってない部分を推測して付け足す機能。

写真の周りの写っていない所に写真を推測で作って継ぎ足したり(写真左)、顔やポーズの向きを変えたり(写真右)できます。

さすが、Googleのテクノロジーです。

また、デザインもすっきりしていて、使いやすいです。

Snapseed

Snapseed

  • Google, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

 

Google Calender

f:id:tomoki-fab:20170412234248j:plain

もはや、これを外すことはできません。

スマホ、パソコン、タブレットなど複数の端末でスケジュールを連動させることができ、非常に便利です。

また、カレンダーに書き込んだ予定に色をつけたり、通知をONにしたりと自分に合わせて使う事ができます。

さすが、Googleといいたくなるような、このデザインも気に入っています。

 

 

Sleep Cycle

f:id:tomoki-fab:20170413171524j:plain

このアプリは、睡眠を分析します。

寝るときにこのアプリを起動して、スマホを枕元に置いておくと、どういう原理なのか、、、マイクなどを駆使して、睡眠の深さを測定してデータ化してくれる、というテクノロジー感あふれるすごいアプリです。

さらに、起床したい時間の範囲を設定すれば、眠りが浅くて、目覚めが良い時間を選んで、アラームをかけてくれる優れものです。

Sleep Cycle alarm clock - 睡眠アプリ

Sleep Cycle alarm clock - 睡眠アプリ

  • Northcube AB
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

 

Abema TV

f:id:tomoki-fab:20170323183900p:plain

AbemaTVには30近くの専門チャンネルがあり、ニュース、バラエティ、アニメ、ドキュメンタリー、スポーツ、ドラマ、などの番組が見放題です。しかも一切の登録が不要で、アプリをインストールしたら、すぐに見ることができます。

本当にTVを見るような感覚で、暇つぶしをしたり、見たい番組を見たりできます。

気になる番組を視聴予約すれば、番組開始前に通知で知らせてくれるのもうれしいです。

▼ここにもっと詳しく書いてます。

 

AbemaTV-インターネットテレビ局

AbemaTV-インターネットテレビ局

  • 株式会社AbemaTV
  • エンターテインメント
  • 無料

 

 

f:id:tomoki-fab:20170413192122j:plain

Feedlyはブログ記事などを読むアプリです。

自分の購読したいブログを設定すれば、新しい記事を表示したり、読んだものに既読をつけたりできます。しかも、Feedlyは直感的に操作することができるので、非常に使い勝手がいいです。

情報収集をしたり、暇つぶしをしたりするのに使っています。

Feedly - Get Smarter

Feedly - Get Smarter

  • DevHD
  • ニュース
  • 無料

 

 

TED

f:id:tomoki-fab:20170413203243j:plain

 

f:id:tomoki-fab:20170413203311j:plain

TEDとはさまざまな分野で活躍する人が、プレゼンテーションをする講演会のことです。

このアプリでは、TEDのスピーチを好きなだけ視聴できる上に、スピーチをダウンロードすることまでできるんです!

それに、英語のスピーチがほとんどなので、英語のリスニングを練習することもできます。(日本語字幕はついています。)

おもしろいアイディアや考え方を持つ人、ノウハウを話す人など、、いろんな人がいて、すごく教育的です。

TED

TED

  • TED Conferences
  • Education
  • Free

 

 

僕の好みのアプリばかり集めた結果ビジネス系と写真系がやたら多くなったけど、まあいいや。

本当にいいアプリなので活用してもらえると嬉しいです。

これらのアプリは全て無料でインストールできます!!

無料なので、ぜひ試してみてください。

ちぇけ。

 

合わせて読みたい

 ▼マイナーだけど、最高にいい歌手を集めました。

▼AbemaTVを見始めた僕は衝撃を受けました。

▼世界には無数の巨大廃虚が存在する。それらは美しく、寂しい。

ホセ・ムヒカ大統領の言葉が胸にしみる

f:id:tomoki-fab:20170327230615j:plain

"a poor person is not someone who has little but one who needs infinitely more, and more and more."

~貧しい人とは、モノを少ししか持っていない人ではなく、もっともっとといくらあっても満足しない人のことだ。~

これは、南米ウルグアイホセ・ムヒカ大統領がリオ会議(Rio+20)でのスピーチで言った言葉です。

f:id:tomoki-fab:20170327123915j:plain

ある日僕は、彼のスピーチを偶然、YouTubeで聞きました。今まで「水溜りボンド」ばかり観てきたのに、なぜかおすすめ動画に「ホセムヒカ大統領の感動スピーチ」が出てきたんです。

僕は、なんとなく「感動スピーチ」という言葉に惹かれて、動画を見てみました。

感動しました

もう、スピーチの冒頭部分から感動しっぱなしです。

▼日本語の吹き替えのついた動画。

 

以下、この動画の吹き替えをそのまま引用しています。

環境問題、貧困さらには人生観についても触れている深いスピーチです。

このスピーチの内容を是非、皆さんに知ってもらいたくて、全文を書きました。是非、読んでみて、できれば、動画も見てみて下さい。

この場に出席されている世界各国の代表の皆さん、ありがとうございます。

お招きいただいた、ブラジル国民そして大統領閣下に感謝します。

これまでに発言されたすべての方々が表明された誠意にも、大いに感謝いたします。いち国家主導者として、貧しい人々のための通り決めづくりに、仲間として共に参加することを表明いたします。

しかし、私たちにもいくつか声高らかに質問をすることをお許し願いたい。

今日の午後ずっと、私たちは「持続可能な発展」と「膨大な数の貧困者対策」を話し合ってきました。

 

けれど、私たちの本音は何でしょう?

今の発展を続けることが本当に豊かなのでしょうか?

質問させてください。

もし、ドイツ人が1家族ごとに持っているほどの車をインド人もまた持つとしたら、この地球はどうなってしまうのでしょう?

私たちが呼吸できる酸素は残されるのでしょうか?

もっと、はっきり言いましょう。

例えば、最も裕福な西側諸国と同じようなレベルで70億、80億の人々に消費と浪費が許されるとしたら、それを支えるだけの資源が今の世界にあるのでしょうか?

それは可能なのでしょうか?

それとも別の議論が必要ですか?

 

今のこの文明を作ったのは私たちです。

私たちは市場と競争社会から、文明という落とし子を産み出し、物質面での驚異的な進歩をもたらしました。

そして、市場経済は市場社会を作り出し、それを世界規模に拡大してしまいました。いわゆるグローバリズムです。

そのグローバリズムを私たちはコントロールできていますか?

逆にコントロールされてはいないでしょうか?

 

こんな残酷な競争で成り立つ社会で「みんなで世界を良くしていこう」なんて議論が本当にできるのでしょうか?

 

私たちは本当に仲間なのですか?

私は今回の会議を否定するために言っているのではありません。違います。逆です。

我々が今、挑戦しようとしている目の前の巨大な困難は決して環境問題ではなく、明らかに政治の問題なのです。

人類は今、消費社会をコントロールできていない。逆に人類のほうがその強力な力に支配されているのです。

 

我々は、発展するためにこの地球上にやって来たのではありません。幸せになるためにやって来たのです。

人生は短く、あっという間です。

しかし、その人生こそが何より価値あるものなのです。

余計なものを買うためにもっともっとと働いて、人生をすり減らしているのは、消費が、「社会のモーター」となっているからです。

なぜなら、消費が止まれば、経済が麻痺してしまい、経済が麻痺すれば不況というお化けが我々の目の前に姿を現します。

しかし今、行き過ぎた消費主義こそが地球を傷つけさらなる消費を促しています。

商品の寿命を縮めできるだけ多く売ろうとする。

今の社会は1000時間持つような電球は作ってはいけないのです。本当は10万時間、20万時間も持つ電球はあるのに、そんなものは作らない。

なぜなら、我々はもっと働きもっと売るために。

「使い捨て文明」を支える悪循環の中にいるからです。

 

これは政治問題です!

我々は今までと違う文化のために闘い始めなければならない。

石器時代に戻ろうとは言ってません。

このままずるずると消費主義に支配されるわけにはいかない。

私たちが消費主義をコントロールしなければならないと言っているのです。

ですから私は、これが政治問題だと言いました。

とても謙虚な思いからです。

 

かつての賢人たち、エピクロスセネカ、そしてアイマラ人たちは次のように言っています。

「貧しい人とは少ししかものを持っていない人ではなく、もっともっとといくらあっても満足しない人のことだ」と。

大切なのは"考え方"です。

だからこそ、皆さんと共にこの会議に参加し、国家主導者として皆さんとともに努力したいのです。私の発言は皆さんを怒らせるかもしれない。

しかし、気づかなくてはいけません。水問題や環境の危機がことの本質ではないということです。

見直すべきは、我々が築いてきた文明の在り方であり、我々の生き方です。

なぜそう思うのか。

私は環境に恵まれた小さな国の代表です。人口は300万人ほど、いやもうちょっと320万人ほどしかいません。けれど世界で最もおいしい牛が1300万頭、また素晴らしい羊が800万から1000万頭。食べ物、乳製品、そして肉の輸出国です。国土の90%が有効に使えるほど豊かな国なのです。

だから、かつて、私の仲間たちは8時間労働のために闘い、ついには6時間労働を勝ち取った人もいます。

しかし、そうなったら仕事を2つ持つようになりました。

なぜか?たくさんの支払いがあるからです。バイクやマイカーのローンを次から次へと支払っているうちに、私のようなリウマチ持ちの老人になって人生が終わってしまう。

そして、自分に問いかけるのです。これが私の一生だったのか?と。

 

私が言っているのは基本的なことです。

発展は幸せの邪魔をしてはならない。

発展は「人類の幸せ」「愛」「子育て」「友達を持つこと」そして、「必要最低限のモノで満足する」ためにあるべきものなんです。

なぜなら、それらこそが一番大事な宝物なのだから。

環境のために闘うのなら、一番大切なのは人類の幸せであることを忘れてはなりません。

 

ありがとう。

 

行き過ぎた消費主義が地球を傷つけている

ムヒカ大統領が「使い捨て文明」と呼ぶのも無理ないこの時代。

割りばし、ペットボトル、ビニール袋、服、包装紙、段ボール、雑誌、、、。

何から何まで使い捨てで、大量の製品が作られ、そして、ゴミ箱を溢れかえらせています。まだ使える物もそうでない物も、新しい物も古い物も、何もかもがゴミになります。

新製品が発売されるたびに人々はそれを買い求め、時代遅れな品物は廃棄される。そういう世の中なのです。

これがいけない事だと分かっていても、誰にも止めることができない。なぜなら、我々は「使い捨て文明」を支える悪循環の中にいるからです。

僕も他人ごとではありませんが、今必要なのは、私たち一人ひとりが、少しでも消費を抑えたり、物を買う量を減らしたりして、ムヒカ大統領の言う「少ないモノで満足する」ことではないでしょうか。

 

 「幸せ」とは?

このスピーチに登場する「幸せ」という言葉。

「バイクやマイカーのローンを次から次へと支払っているうちに、私のようなリウマチ持ちの老人になって人生が終わってしまう。そして、自分に問いかけるのです。これが私の一生だったのか?と。」

この部分からムヒカ大統領の「幸せ」への考え方がよくうかがえます。

お金を得るために貴重な時間を犠牲にして働くことは本当に幸せなのか、人生をそんなことに使ってしまっていいのか、ということですね。

しかし、今の日本人の多くの人が、仕事を中心に生きています。朝早くから出勤して、帰宅は深夜という人もたくさんいます。でも、仕事にたくさんの時間と労力を費やして、家族と過ごす時間が無くなってしまったり、自分の趣味ができなかったりするということもよくあります。僕の父親もまさにそれです。

仕事を一生懸命に頑張ってくれているのは、大変ありがたいし、すごく感謝しています。でも、本人のことを考えると、肝心の本人はあまり幸せそうに見えません。

僕は、こんなものを見たり、聞いたりしたものだから、中学生の段階で就職する気が失せて、「絶対に独立して時間持ちの幸せになってやる」と決心しました。

 ホセ・ムヒカ大統領が言いたいのはつまり、もっともっとと働いて、お金を稼いでモノを消費することより、大切な時間を過ごすことの方が価値があるはずだということではないでしょうか?

 

地球環境のためにも、人類のためにも、意味のあるスピーチだと思います。

この記事を読んでくれた方、ありがとうございます。

 

一度は行ってみたい、世界の美しい巨大廃墟7選。

f:id:tomoki-fab:20170323173211j:plain

~誰にも振り返られずに、消えてゆく風景がある。~          by 廃墟の休日

こんにちは、

AbemaTVで「廃墟の休日」という番組をみました。

俳優が友人と廃墟を訪ねる、という番組です。その廃墟の美しいこと、美しいこと。もう、たまらないです。ボロボロなのに、美を感じるというか。

廃墟を訪れた俳優は、「切ない」とか「寂しげ」とか言います。テレビでも伝わってきますが、自分の目で見てみたーい、と思いました。

僕が求めているのは「心霊スポット」的な怖いヤツじゃなくて、「自然にかえってゆく」風景です。僕は自然とかが好きなので、人間のモノが自然に飲み込まれてゆくような風景になんとなく憧れみたいなものを抱いていました。

でも、旅するほどのお金はないので、とりあえず調べて空腹を満たすことにしました。

ということで、今回は僕の行ってみたい廃墟7選を紹介します。

 

カンフラン駅 -Canfranc International Railway Station-

f:id:tomoki-fab:20170325153936j:plain

スペイン、カンフランという小さな村にある、大きな駅舎。240mもある、大きな駅舎は、1928年に開館し、1970年に事故で一部路線が破壊されるまで、使われていたそうです。今でも、一日に2本ほど、列車が止まりますが、この大きな駅舎は使われておらず、ガイド付きツアーなど以外では中へ立ち入ることができません。

f:id:tomoki-fab:20170325182822j:plain

使われていない線路や駅の前を通る電車。なんか切ない。

f:id:tomoki-fab:20170325182835j:plain

 

軍艦島   -hashima island-

f:id:tomoki-fab:20170325213025p:plain

正式には「端島」。世界遺産に登録された日本の巨大廃墟です。1974年の閉山まで炭鉱として賑わいましたが、今は無人島です。島には廃墟と化したマンションが立ち並びます。この島は、土地のほとんどが人工的に作られたので、島全体が廃墟です。

古い建物が危険なため、観光ツアーなど以外では立ち入りができません。

f:id:tomoki-fab:20170325213055j:plain

 

 

ベンメリア遺跡   -beng mealea-

f:id:tomoki-fab:20170325212501j:plain

画像:ベンメリア遺跡、南門からの風景

カンボジアの森の中に佇む、古い寺院。

あちこちが倒壊していて、木も生えています。というか、木が建物を壊したらしいです。

ラピュタっぽいと人気のスポットです。木の根で覆いつくされた建物が、かっこいいというか、なんとも言えないです。

f:id:tomoki-fab:20170325214216j:plain

 

 

クラーコ   -craco-

f:id:tomoki-fab:20170325215031j:plain

f:id:tomoki-fab:20170325215013j:plain

画像:世界の美しく不思議な6カ所のゴーストタウン

イタリアの中世都市。山に張り付いたような街は、農業に向かず、また地震の影響で地質的にも危険になったため、丘の上の住民は1963年に移住したそうです。現在は危険なため立ち入り禁止ですが、ガイドツアーで観光できます。

イタリアの歴史あるきれいな街並みが廃墟と化して、独特の景色。

オーバールックマウンテンハウス   -overlook mountain house-

f:id:tomoki-fab:20170325223615j:plain

アメリカ、ニューヨーク州の廃墟。

番組「廃墟の休日」で、取り上げられた、ホテルの廃墟です。

世界恐慌の煽りを受けて、廃墟になりました。コンクリートの枠だけが残っていて、その中に木まで生えています。コンクリの廃墟と森が美しいですね。番組で観た瞬間に猛烈に行ってみたくなりました。

f:id:tomoki-fab:20170325224131j:plain

 

バッファロー・セントラル駅   -buffalo central terminal-

f:id:tomoki-fab:20170326003211j:plain

アメリカ、バッファロー。これもまた、「廃墟の休日」で観た巨大廃虚。

1929年から1979年まで利用されていました。最盛期は1日数万人が利用していたそうです。その痕跡が残る巨大な駅舎とホームがあります。建物はアールデコ様式で当時の繁栄を象徴しています。

f:id:tomoki-fab:20170326003528j:plain

なお、タワーなどの一部のエリアには入ることができないそうです。

マジノ線  -Maginot Line-

f:id:tomoki-fab:20170326121413j:plain

画像:廃墟礼賛 第二次大戦時に対ドイツ用に作られた要塞線、マジノ線

第一次世界大戦後に、フランス軍が巨額の資金を投じて、ドイツとの国境に建設した巨大な要塞群。その規模は何百kmととてつもないです。

ところどころに、砲塔などが地面から顔を出していたりします。でも、この廃墟のすごい所は地中にあります。

Wikiから引用したんですが、そのスケールの大きさが伝わってきます。

108の主要塞を15kmの間隔で配置、連絡通路として地下鉄を通している。要塞には火砲を戦艦に準じた構造の隠ぺい型の砲塔や射撃装置を配置、前方には対戦車用に配置された鉄骨と対歩兵用の鉄条網地帯を設けている。厚さ350cm以上のコンクリートで防御され、発電室や武器弾薬庫は全て数十mの地下に建造、更に各区画は装甲鉄扉で区分された。

フランスはこれだけ手の凝った要塞を持っていながら、ナチスの侵攻は防げなかった、という歴史のある廃墟です。

もちろん、現在は使われていません。一部は内部の見学が可能との事。

f:id:tomoki-fab:20170326122132j:plain

画像:ナチス侵攻を防げなかったフランスの要塞群「マジノ線」、その美しき廃墟

 

以上、僕が個人的に行ってみたいと思う巨大廃虚7つです。

こういう廃墟の魅力は何と言っても、錆びた鉄や自然の一部と化した石やコンクリ、かつての面影の残る形や大きさにある思います。それらは、どこか美しく、カメラに収めたくなります。

「廃墟の休日」の冒頭部分で「ジョン」が言ってることがよくわかります。

「今度、休みを取って廃墟を撮りに来ないか? カメラだけ持って、、」

 ちぇけ。

 

◆今日の一枚

f:id:tomoki-fab:20170326125730j:plain

 

合わせて読みたい

▼AbemaTVは僕に廃墟を教えてくれた。

▼地球のため!!という僕の決意。信念。

 

AbemaTVをおすすめする6つの理由。

 こんにちは、にょろにょろです。

僕は、先日、「AbemaTV」を見始めました。

 今まで、僕は、「AbemaTV=若者向けのチャラいTV」というイメージを持っていて、なんとなく、食わず嫌いみたいな感じで拒否していました。

そんな、僕ですが、時代には勝てず、ついにAbemaTVに手を出す時がやってきました。

 初めは、つまらなかったら、すぐアプリを消そうとすら思ってました。

でも、見ているうちに、気持ちが変わってきました。

「あれ、まてよ。これ、面白いぞ。おもしろすぎないか、、。こんなにおもしろいとは、聞いてないぞ!!」

ということで、AbemaTVの良さを紹介します。

f:id:tomoki-fab:20170323183900p:plain

画像:AbemaTV

AbemaTVのココがいい

AbemaTVとはスマホなどを使って、視聴できるインターネットテレビの事です。

AbemaTVを観る方法はとても簡単で、AbemaTVアプリをインストールすれば、会員登録などは一切なしでにすぐに観ることができます。

アプリを起動したら5秒後にはTVを視聴できます。僕なんて、手続きのあまりのあっけなさに、「引っかかる感」を若干ながら覚えたほどです汗。本当に、メールアドレスも名前も何もいりません。驚きです。

それでいて、AbemaTVにはニュース、スペシャル、ドラマ、音楽、ドキュメンタリー、バラエティ、アニメ、スポーツ、ボードゲーム、などなど、計30こ近くの専門チャンネルが用意されています。

 

また、各番組にコメント欄があって、番組を観ながら、誰でも自由にコメントができるのも、AbemaTVの魅力です。

僕が、映画「オーシャンズ」を観ていた時には、コメント欄で地球温暖化の討論が白熱しており、かなりビビりました。僕も、黙ってはいられず、環境保護する派として参戦しました。でも、暴言とかはほとんどなく、真剣に討論してたので、なかなか楽しかったです。

 

ちなみに、僕は、ここんとこ、AbemaTVで「Discovery」と「VICE」というチャンネルばっかり観てます。これらは、ドキュメンタリー番組を専門に放送しているチャンネルで、ほとんどは海外の番組です。ドキュメンタリーといっても、いろいろあって、殺人、マフィア、麻薬などが横行するスラムの現実を記録した番組もあれば、伝説のクラシックカーで一儲けしようとアメリカンドリームに奔走する男たちの番組もあります。

 

僕は、最近「ドラマ」チャンネルで放送されている、「廃墟の休日」というドキュメンタリーが大好きで、何があっても絶対に観ています。この番組は、過去に地上波で放送された番組なんですが、僕は、AbemaTVで知り、すごく気に入っています。

俳優とその友人が2人で世界の巨大廃墟をめぐる旅をするという、ドキュメンタリーと旅番組を混ぜたような番組です。

下の写真は、俳優の田辺誠一が友人とアメリカの歴史ある工場の廃墟を訪ねた時のシーン。映像が美しくて、廃墟が一種の芸術のように見えます。

それにしても、旅してる田辺誠一が、かっこよすぎるんだが、、、。

f:id:tomoki-fab:20170323173211j:plain

 画像:テレビ東京「廃墟の休日」と楽しみな「孤独のグルメSeason5」

そんなこんなで、一つ言えることは、僕の中にあった、AbemaTVに対する「チャラいイメージ」は消え去ったことです。

確かに、地上波ではないため、かなり「過激」な番組が多いです。

普通のバラエティかと思いきや、話している内容が想像以上に過激だったなんてこともあります。下ネタもバンバン出てきます。でも、それはそれで、普通に面白いです。それに、出演者がバカリズムとかブラックマヨネーズなどの豪華なキャストなので、ちゃんとバラエティとして普通に面白いです。

また、AbemaTVの番組表は非常に使い勝手が良くわかりやすいのも魅力です。パッと見て、気になる番組をすぐにチェックできます。

f:id:tomoki-fab:20170323195153p:plain

▲これが番組表です。放送中の番組に色が付けてあったり、赤い線で今の時間を表示されていたりと、見やすいように作られています。

 

そ、し、て、、、、

もう一つ、どうしても伝えないわけにはいかない事があります。

それは、AbemaTVが無料であるという事実です。

30近くのチャンネルを無料で見放題。お得にもほどがあります。

 

 AbemaTVをおすすめする6つのポイント

登録が不要でカンタン

チャンネルのジャンルが幅広い

本当におもしろい

コメント機能がある

番組表が見やすい

無料!!!!!!!!!!!

 

残念なポイント

AbemaTVはあくまでテレビなので、放送が終了した番組は観られません。これが短所といえば短所です。ただし、有料会員に登録すれば、放送が終了した番組(一部の番組を除く)でも、オンデマンド再生ができます。また、一部の番組は有料会員でなくてもオンデマンド再生が可能となっています。

YouTubeのように好きな時間に好きな番組を好きな部分だけ、というわけにはいきません。見逃した番組がオンデマンドなし、再放送なしならば、どうしようもありません。

 

また、僕が個人的に気になるのは、スマホを縦方向で使うことができないことです。

YouTubeならば、スマホを縦にすれば、画面が小さくなったりして、斜めにスワイプすれば画面がもっと小さくなったりしますが、AbemaTVにはどうやらそういう機能はないようです。

だから、時々、番組表が見にくいと感じるときもあります。

気になるのはそのぐらいの事で、他には特にありません。

短所

録画できない

画面を縦にできない

 

総じて、AbemaTV素晴らしいです。

僕は昔から、テレビっ子なので、「やったー。どこでもテレビが見れるゾー」といった気持から、余計にAbemaTVがすばらしく思えます。

AbemaTV、、万歳ー!

ということで、、ちぇけ。

 

※追記(4月13日)

「画面を縦方向にできない」と記述されていますが、アップデートにより改善されました。

 

 

◆今日の一枚

「お祝いの日」

f:id:tomoki-fab:20170323195644j:plain

 

あわせて読みたい

 ▼僕の研究成果。お気に入りを全部、紹介します。

 ▼自然ドキュメンタリーに心奪われて書いた記事。

隠れた名曲!!ー海外の歌手4選と、曲7選。

 

f:id:tomoki-fab:20170315224015j:plain

こんにちは、洋楽しか聴かない、にょろにょろ(@nyorop_)です。

はい、皆さんおなじみ、ジャスティン・ビーバーですね。

でも、今回は、圧倒的な人気を誇るJustin Bieberは、置いといて、、、

僕がいつも聴いているような、ちょっとマイナーで、おすすめな曲を紹介していきます。

ちなみに僕はオルタナティブナチュラルな感じのポップが好きなので、ここで紹介する物も偏っていると思います。

 一つでも、知ってる曲があったらすごいですよ!!

 

 

反戦ソングが深い、

Green Day

f:id:tomoki-fab:20170315232700j:plain

マイナー度:★★☆☆☆

1987年結成と、かなり歴史あるアメリカのバンド。かなり、破天荒。

"21 Guns"や"Wake Me Up When September Ends"などの反戦ソングを作曲。その他にも、"American Idiot"などのパンクロックの作品があります。

f:id:tomoki-fab:20170315232936j:plain

▲これ、Green Dayのアルバムアート。平和への思いが伝わってきます。

f:id:tomoki-fab:20170316000430j:plain

▼21 Guns 

歌詞がバリバリの反戦歌です。

www.youtube.com

▼Wake Me Up When September Ends

MVがいい感じ。やたら長い、曲名ですが、9月は同時多発テロからきているらしいです。


 

 

クールさがなんとも言えない、

Jason Mraz

f:id:tomoki-fab:20170315235847j:plain

マイナー度:★★★☆☆

ギターの弾き語りの歌手です。彼の" I`m Yours"はなんだかウキウキする曲です。でも、歌い方によっては、しんみりと心に響く音に変わります。それは彼の歌い方次第。

f:id:tomoki-fab:20170316002524j:plain

Jason Mrazは木に囲まれた所で、テレビも電子レンジも持たずに暮らしているそうです。それに、地球の事をとても、気にかけているそうです。

▼I`m Yours

夏のパラダイスにいい感じです。体がムズムズして、楽しくなります。

www.youtube.com

▼I`m Yours (live)

個人的にはこっちがおすすめ!

僕が思うにこれは世界一素敵なライブ。

ギターときれいな声がすごく好きです。しんみり来ます。

 

 

 

マイケル・ジャクソンみたいな声が素敵な若きシンガー、

Conrad Sewell

f:id:tomoki-fab:20170316003037j:plain

マイナー度:★★★★☆

オーストラリアで活躍する若きシンガー。

声が高くて、マイケルっぽいです。

あと、、ちなみに、男です。これ、大事。

f:id:tomoki-fab:20170316002836j:plain

▼Remind Me

これ、曲もMVもクォリティー高いです。落ち着きがあって、静かな曲。


 

不思議な深みのあるバンド、

The Lumineers

f:id:tomoki-fab:20170316004014j:plain

マイナー度:★★★★☆

僕が一番好きなバンドです。大好きすぎて、以前にもブログで紹介しています。


彼らの、曲は、無駄がないというか、淡々としているというか、何というか、うーんあれだ、なんだ、、、

どう表現すればいいのか、わからないけど、聴くと、深く、しんみりします。

f:id:tomoki-fab:20170116175128j:plain

 

▼Sleep On The Floor

僕の一番のおすすめです。

初めて、見る人は、MVに夢中になってしまうと思います。それぐらい、映像が美しくて、かっこいいです。旅が好きな人にはたまらない作品かもしれません。

曲はゆっくり、強く、独特に、そんな感じです。


 ▼Nobody Knows

映画に使われた曲です。というか、映画のために作られたと言ったほうが正確かな?

曲名の通り、寂しい感じの曲です。

所々、Neyla Pekarekさんの声がいい感じに入ってきます。名前の読み方わからないけど、、、

 

以上の4組が僕にとっての最高のアーティストたちです。

長年かけて、掻き集めた選りすぐりのアーティスト達です。

洋楽興味ない人も、ぜひ一度聴いてみてください。特に英語勉強したい人には超おすすめです!

ちぇけ。

 

 ◆今日の一枚

「からっぽ」

f:id:tomoki-fab:20170316015536j:plain

 

▼例の「ザ・ルミニアーズ」をおすすめする記事。


 ▼シュールな文章を書きました。読んでみてのお楽しみ。

 

街にクマはいない

昨日は卒業式でした。

ほとんどの学校がそうであるように、僕の通う学校でも、卒業文集を作ります。

僕は、この卒業文集に凝って凝って凝りまくりました。だけど、学校の先生や生徒の数は知れているので、もっとたくさんの人に見てもらいたいと思い、こうしてブログに載せました。

タイトルは、「街にクマはいない」です。

それでは、、、

 

 

街にクマはいない

 

ラジオから私の好きなアメリカのバンドの曲が流れだした。私は、曲を聴きながら、車の外を眺めた。

建物、高速道路の標識、山、何もかもが、あっという間に後ろへ流れていく。ついさっきまで長野県にいたというのに、もう兵庫県を抜けようとしている。なんて速いんだろう。そんなことを考えていると、何時間もかけて、十数キロの山道を歩いた時のことをふと思い出した。昨日の記憶のはずなのに、まるで嘘か夢のように感じられる。

 

その日。午前7時、私たちは槍ヶ岳山荘をあとにした。この日は標高3080mの槍ヶ岳山荘から大喰岳、中岳、天狗池、槍沢を通って、1460m下った横尾まで下山する予定だった。

大喰岳に着いたとき、沢の方から濃い霧がのぼってきた。霧はあっという間に私たちを包み込み、あたり一面を真っ白にしてしまった。数十メートル先を見るのがやっとでそれより先は全く見えない。

それでも、立ち止まるわけにはいかないから、道しるべを一つずつたどりながら、黒々とした岩と真っ白な霧しか見えない殺風景の中をただひたすら歩き続けた。

さっきまでは十分に一回くらいは他の登山客とすれ違っていたが、その数も徐々に減ってゆき、一時間もするとめっきり人に会わなくなってしまった。

あたり一面に転がっているごつごつとした岩々は、不気味な黒色を放っていた。人の顔くらいの大きさのもあれば、大人一人分の身長くらいのもある。ところどころ、とがった葉をつけたハイマツが黒い地面に緑の模様を描いていた。

視界を遮る濃い霧は、どこか黒っぽいような白色をしていた。じっとりと重くまとわりつく、液体のような感触だった。しかし、風はなく、霧はいつまでたっても晴れなかった。

何一つ動かない。静まりかえった殺風景は、まるで異世界のようだった。ここは果たして地球なのか、地球にこんな場所があるのか。そう疑った。

どこまで歩いても終わらないこのモノクロの世界は、私の思い描いていた緑や青の美しい自然とはかけ離れていた。山々は不気味さや恐ろしさを醸していた。まるで、私たちをここから逃がすまいとしているかのように。

私たちは静けさの中を無言でただひたすら、歩き続けた。どこまで行っても同じ景色が広がっていた。

何時間歩いたかもわからない。ようやく、緑が出てきた。天狗池まで降りてきたのだ。高度もだいぶ下がったようで、あたりの霧はいつの間にか消えていた。傍らには、小さな雪渓が残っていた。今までの、モノクロの景色とは打って変わって、花や草木や、雪や、水が姿を現した。私の目には、まるで天国のように映った。久しぶりに地球に帰ってきたような気分だった。

しかし、今日はこれで終わりではない。これから、槍沢に沿って歩いて、横尾山荘まで行かねばならない。

ここからは、ごつごつした岩場ではなく森の中のでこぼこの道が続いていた。岩場に比べると楽な道だが、私たちはもうすでにかなり体力を消耗していた。しかも、周囲を高い山に囲まれている上に、道は森の中をはしっているため、日の入りが早く、午後5時頃には薄暗くなってしまった。こんな時間に登山をしている人なんて滅多にいないので、あたりは静まりかえっていた。時折、風で森がざわざわと鳴った。

こんな時にクマでも出没すれば、、、。私はふとそんなことを考えた。その考えを頭からかき消そうと思ったが、しかし森の暗闇を見ると、どうしても脳裏から離れなかった。

私の不安が大きくなっていたその時、茂みの奥でがさがさと音がした。何が現れるのかと身構えた。

そこに現れたのは、横尾山荘のスタッフが運転している軽トラだった。しかも道の向こうを見ると、そこには確かに、明かりの灯った木造の山小屋があった。ようやく人のいる所へ帰ってくることができた。山小屋の中は、清潔で、新しいようだった。もちろん電気もあるし、浴場も備えてあった。おいしい食事も出てきた。それに、ベッドもあった。クマに襲われる心配もない。私は安心して眠りについた。

 

ラジオから流れていた曲は終わっていた。私は車窓を眺めながら、槍や、岩場や、森や、川を思い浮かべていた。時に美しく、時に恐ろしくも感じる大自然の姿を。しかし、今、窓から見えるのは、ビルや、車や、街ばかりであった。人々は忙しく蠢き、街の明かりは眩かった。それは山で見た景色とは何もかもが違った。そこにクマはいなかった。

f:id:tomoki-fab:20170313003444j:image

▲今日の一枚

「薄暗がり」